« 『THE有頂天○○』 | トップページ | 大先輩 »

2006年1月23日 (月)

一番大切なもの…

昨日でセンター試験が終わった。僕は1日目だけでよかったのだが。昨日、東京の大学に行ってる友達が久しぶりに和歌山帰ってきてたんで一緒に映画に行った。「やっぱ友達ってええな~」って心の底から思った。この1年、僕は浪人ってことでなかなか友達と遊ぶ機会がなかった。いつも「友達と遊びたい…」「友達と話したい…」「友達に会いたい…」と思ってた。次第に友達の夢を見るようになった。見る夢は決まって高校の時の仲良しメンバーでとにかく騒いでいた。とにかくみんな笑っていた。夢の中で見る友達はみんな最高の笑顔やった。昨日念願叶って久しぶりに友達に会った。安心した。夢の中の笑顔が昨日の友達にはあった。「長い間会ってないから溝とかできてたらどないしよー」と思ってたけど溝なんかなかった。絆は今でも固くつながっていた。昨日その友達が帰り、僕は家でボーッとしながら別の友達のことを考えていた。その子も浪人中。僕はその子のことを仲良しメンバーの中でも1番の親友と思っていた。そいつは僕の相方だ。漫才の時も普段もいつも気がぴったりあっていた。僕はその子に電話かけようかどうか迷っていた…そのとき!携帯が鳴った。相方からだ。めっちゃ嬉しかった。なんかホモみたいに聞こえるかもしれないけどとにかく元気そうな声が聞けただけでとにかく嬉しかった。僕は昨日夢を見た。夢の中の友達はみんな最高の笑顔だった。とにかく笑っていた。僕も最高の笑顔だった。僕はこの1年で1番学んだことは英語でも国語でも日本史でもなく『友達の大切さ』なのかもしれない。

|

« 『THE有頂天○○』 | トップページ | 大先輩 »

コメント

友達はいくつになっても、必要だと思います。それに、きずいたしゅうさんは、偉い。今の思いを、ずーーーーーーっと忘れないでいてくださいね

投稿: pukurin893 | 2006年1月24日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20117/475185

この記事へのトラックバック一覧です: 一番大切なもの…:

« 『THE有頂天○○』 | トップページ | 大先輩 »