« 大人って… | トップページ | 漫才への道 »

2006年1月11日 (水)

R-1レポート

今日はこの間行った『R-1ぐらんぷり』について書きたいと思います。会場入りは2時半の予定だった。でも着いたのは2時45分!!いきなり遅刻(汗)でも全然OKだった。僕がネタを披露したのは4時ぐらいだったかな?初日ということもあり会場の空気はかなり重い。その場にいるだけで息苦しかった。誰もウケていない。明らかにおもろいネタでもクスクスと笑い声が聞こえるぐらい…。この時僕は心の中で「やばいってー!」と連呼していた。そして出番が近付き、舞台裏へ。僕は落ち着いているつもりだった。でも全然違った。のどが渇いていたのでペットボトルのジュースを飲もうとしたとき手が震えてまともにジュースを飲めなかったぐらい緊張していたみたいだった。そして僕の出番が来た。思い切ってネタをした。少しだけ笑い声が聞こえた。ネタ時間は3分。本当にあっという間だった。かなり緊張したけど終わった後に凄い爽快感があった。結果は前にも書いた通り不合格。この結果は素直に受け入れる。でもひとつだけ納得していないことがある。それは僕と同じ日に予選を受けたプロの一人に対してのことだ。その人はそれなりに名前の通っている人なんだけどネタはだだ滑り。別にそれはいいんやけどその人はネタを途中でやめて1分ぐらいで帰ってしまったのだ。それなのに結果は合格…。いったいどういうことなのだろう。やっぱりプロは適当でも1回戦は通るようになっているのかな…。ついつい愚痴を言ってしまた。今更なにを言っても変わらないんだから後ろ向きにならないで前向きにがんばろう!!

|

« 大人って… | トップページ | 漫才への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20117/304465

この記事へのトラックバック一覧です: R-1レポート:

« 大人って… | トップページ | 漫才への道 »