« 美しい国ニッポン | トップページ | 久しぶりにプロレス »

2006年11月21日 (火)

ニッポンジン

もう11月も残り10日を切った。季節は冬となり、気温も下がってくるだろう。毎年、気温が下がるとともに熱を帯びてくるのはクリスマス。町にはクリスマスツリーが立ち並び、あらゆる店がクリスマス商戦に遅れまいといろんなことをしている。おもちゃ屋さんはクリスマスグッズを多く売り出し、広告も出す。レストランは店を華やかに飾り、クリスマス限定ディナーをし始める。挙句の果てにはまんじゅう屋までもツリーを飾る始末だ。店だけに限らず民家もそうだ。家の前にはサンタやトナカイ、サンタの格好をした雪だるまなどの飾りを置き、窓には大きく『MERRY CHRISTMAS』と書く。恋人たちは何をプレゼントしようか悩み、普通は悩むのは嫌なものだがその悩みは楽しんでいる。小さい子供の親たちは「サンタさんに何を頼む?」「サンタさんにお手紙を書こうか」と言い、子供が欲しがっているものをリサーチする。また、一緒に過ごす人がいない人は「日本は仏教の国だ」とお決まりの文句を言う。クリスマスにテンションが上がるほとんどの人は一週間後に「あけましておめでとうございます」と言い、初詣なんかに行ったりする。1週間前はキリスト教のお祝いをしていたのに1週間たてば今度は仏様に願い事をするのだ。子供は一週間前にプレゼントを貰ったばかりなのにお年玉をせがむ。もちろん店もクリスマスが終わると慌ててお正月モードに切り替える。1週間前に「ケーキおいしいね」「クリスマスはやっぱり七面鳥だよね」など言っていた人たちはお雑煮やおせちを食べながら「やっぱこれだよね」などと言う。

日本は普通に考えておかしい。どう考えてもおかしい。本場アメリカよりも早く世間はクリスマスモードになる。かと思えばクリスマスが終わった瞬間に日本人に戻る。

だが僕はこのおかしな日本が大好きだ。他のどの国よりも好きだ。

ちなみに僕もクリスマスに沸き、正月にも沸く、典型的な日本人である。

|

« 美しい国ニッポン | トップページ | 久しぶりにプロレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20117/4269150

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンジン:

« 美しい国ニッポン | トップページ | 久しぶりにプロレス »