« 雑談 | トップページ | ニッポンジン »

2006年11月19日 (日)

美しい国ニッポン

今の内閣総理大臣安倍晋三が『美しい国へ』って本を出している。読んでないから内容はわからんのやけどちょっと思ったことがある。確かに今の日本はとにかくいろんなことでゴタゴタしている。決して最高の国とは言えないかもしれない。でも僕はこんな日本がなんだかんだで好き。もっと良くなればいいとは思うけど…。内閣総理大臣が「美しい国へ」って言うのはなんか違うと思う。なぜならそれは今の日本を否定しているように聞こえるから…。国のトップが国を批判すれば国民は何を信じればいいんやろう…。安倍さんには「美しい国」を目指してがんばって欲しい。

安倍さんはよく「愛国心を育てる」って言っている。今回の教育基本法改正でもそういう内容が込められているらしい。でも「愛国心を育てよう!だから法律を定めよう!」っていうのはなんか違うと思う。愛国心って育てるものじゃなくて育つものなんだと思う。愛国心が育つには法律を定めるんじゃなくて愛国心が芽生えるような国にしなくてはならないと思う。今の日本は世間の人にとっては愛せないのかもしれない。だから愛せるような国にするにはどうするべきかを先に考えるべきだと思う。そして日本がどんどん良くなっていけば自ずとそこには愛国心がついてくると思う。

ってことで今日は政治のド素人がでしゃばったことを言ってみました。

|

« 雑談 | トップページ | ニッポンジン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20117/4239903

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい国ニッポン:

» 安倍晋三、西田憲正、小嶋進 [買ってはいけない東急リバブル・東急不動産]
日本経営合理化協会「第109回新春全国経営者セミナー」(2005年1月20日)で安倍晋三・自由民主党幹事長代理、西田憲正・東横イン社長、小嶋進・ヒューザー社長が公演した。この三名が同じ日に講師として登場することが単なる偶然とは思えない。日本経営合理化協会はゴール..... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 13時32分

« 雑談 | トップページ | ニッポンジン »